消費者金融に騙されないために

消費者金融に騙されないために

総量規制の内容と背景。一体何が起きたの?

2010年に施行された総量規制は、それまでの消費者金融の利用を大きく変える内容になっていました。これは貸金業者に対して利用者に対する貸付金額の上限を定めた法律で、利用者の年収の3分の1以上の金額の融資を禁止したものです。この場合の上限金額は全ての消費者金融からの貸付の合計金額であり、消費者金融を利用する範囲において、債務者が年収の3分の1以上の金額を借りることはできなくなったのです。

 

この法規制が敷かれた背景には、自身の収入額に見合わない借り入れを行うことによって返済が立ち行かなくなり、身を持ち崩してしまった債務者の存在がありました。お金を借りる以上、そこには返済の義務が生じます。しかも返済に必要なのは借り入れの元本だけでなく、契約時の金利に応じた利息を上乗せした金額です。当然ながら借り入れ総額が大きくなればその分返済額も大きくなり、身の丈に合わない利用を重ねれば返済が困難になってしまいます。その結果として最終的に自己破産に辿り着く債務者も皆無ではなく、ここに危機感を感じた政府によって返済の負担が大きくなり過ぎない範囲での借り入れに制限する為の総量規制が制定されたのです。

 

キャッシングの色々。目的に合わせた借り入れ!

 

キャッシングには色々あります。銀行が直接取引きするキャッシングとアコム、アイフル、プロミスなどの銀行系といわれるものがあります。利息の年率は4%〜18%までで様々ですが、信用が得られれば利息も安くなるのであります。利息も数年前からいわゆる「過払い」問題で年率も最高で18.0%を超えることは出来なくなりました。借りる側としてもどこの消費者金融から借りるか迷うものでありますが、やはり、一番の問題は年率であります。

 

10万円を年率4%で借りれれば年の利息が4000円で済みますが、18%であれば18000円になり、利息だけでも12000円も違ってくれば大きい額になります。誰でも安い利息で借りたいですが信用性などもありますので、審査をしてみなければわかりません。また会社によっては初めての方に限り30日間利息が無料というキャンペーンをやっている所もありますのでよく調べてから申し込むのも上手な借り方であります。お金を借りるというのはやはり計画性を持って、返済可能な額を借りるのが負担にならない借り方であります。

 

ブライダルローンの利用を考えている

 

結婚式を間近に控える身になったのですが、この夏のボーナスも思っていたよりも支給額が出ないことがわかってきて、とてもじゃないですが一気に自分のお金で全部支払う!なんていっていられないことが明らかになってきました。

 

総額で500万円以上かかるのは想定していて、二人の貯金が今の時点で300万円強、次のボーナスと冬のボーナスを全部貯金に回しても二人で500万円に届くかどうかという状態で、それでは生活ができません。

 

ご祝儀で帰ってくるとは言え先払いが当たり前の式場への支払いには間に合いませんので、致し方なくブライダルローンを使ってみようかと考えています。もちろん利率は普通にフリーローンで借りるよりも多少はましですが、それでも数万円はかかってしまいそうです。
身の丈にあわないことをしようとしているのはわかっていますが、やはり人生に一度の晴れ舞台です。数万円の出費で晴れやかな気分で結婚式を行えるのであれば、損な話ではありませんよね。"

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ